dmmcomic-manga-love

楽しい電子コミックをたくさん紹介します

HUNTER×HUNTER モノクロ版を読むべき理由

HUNTER×HUNTER モノクロ版 37

HUNTER×HUNTERは、冨樫義博先生による人気の冒険ファンタジー漫画です。

1998年から週刊少年ジャンプで連載されていますが、現在は休載中です。

しかし、その魅力は色あせることなく、多くのファンを魅了し続けています。

この記事では、HUNTER×HUNTER モノクロ版を読むべき理由を紹介します。

 

モノクロ版の特徴

HUNTER×HUNTER モノクロ版とは、原作の漫画をそのまま電子書籍化したものです。

カラー版と違って、原作の線やトーンが忠実に再現されています。

また、カラー版では見えない細かい表情や背景の描写も楽しむことができます。

モノクロ版は、冨樫先生の画力やセンスを存分に味わえるというメリットがあります。

 

モノクロ版の魅力

HUNTER×HUNTER モノクロ版を読むと、以下のような魅力があります。

  • キャラクターの個性が際立つHUNTER×HUNTERは、主人公のゴンやキルアをはじめとする個性豊かなキャラクターが多く登場します。彼らの感情や思考は、独特の表情やしぐさで表現されています。モノクロ版では、カラー版よりもキャラクターの個性が際立ちます。例えば、キルアの冷静さや狡さは、青い目や白い髪ではなく、目つきや口元で伝わります。

 

  • ストーリーの展開がスピーディーHUNTER×HUNTERは、冒険やバトルだけでなく、謎解きや心理戦なども含む複雑で深いストーリーです。しかし、その展開はスピーディーで飽きさせません。モノクロ版では、カラー版よりもページをめくるスピードが速くなります。例えば、キメラアント編では、カラー版では見えにくい暗黒大陸への船旅のシーンがありますが、モノクロ版では一瞬で読み飛ばせます。

 

  • 作品の世界観が広がるHUNTER×HUNTERは、現実とは異なる世界観を持っています。その世界には、様々な種族や文化や歴史が存在します。モノクロ版では、カラー版よりも作品の世界観が広がります。例えば、幻影旅団編では、カラー版では見分けにくい幻影旅団メンバーの出身国や服装の特徴がありますが 、モノクロ版ではそれらがはっきりと分かります。

 

モノクロ版の口コミ

HUNTER×HUNTER モノクロ版を読んだ人の口コミを紹介します。

  • 「カラー版よりも原作に近い感じがして、より冨樫先生の世界に入り込めました。キャラクターの表情や動きが細かく描かれていて、感情移入しやすかったです。」

 

  • 「モノクロ版は、カラー版とは違う魅力があります。色がない分、線やトーンの使い方が目立って、作品の雰囲気が変わります。ストーリーもスムーズに読めて、飽きませんでした。」

 

  • 「モノクロ版は、カラー版にはない細部の描写が楽しめます。特に、作品の世界観が広がるところが好きです。幻影旅団メンバーの国籍や服装など、カラー版では気づかなかったことが分かりました。」

 

まとめ

HUNTER×HUNTER モノクロ版は、原作の漫画をそのまま電子書籍化したものです。

カラー版と違って、原作の線やトーンが忠実に再現されています。

また、カラー版では見えない細かい表情や背景の描写も楽しむことができます。

モノクロ版は、冨樫先生の画力やセンスを存分に味わえるというメリットがあります。

HUNTER×HUNTER モノクロ版を読むと、キャラクターの個性が際立ち、ストーリーの展開がスピーディーになり、作品の世界観が広がります。

HUNTER×HUNTER モノクロ版を読んだ人の口コミも良いものばかりです。

HUNTER×HUNTER モノクロ版を読んでみてはいかがでしょうか?

HUNTER×HUNTER モノクロ版 37